Enjoy Ballet "バレエを楽しむ"

Balletのイメージ画像トゥーシューズの絵

バレエ鑑賞は目と耳をフルに使うので、エネルギーを必要とします。それだけ感動も大きいのではないでしょうか。そうした「バレエを観る楽しみ」を多くの方々と共有できれば幸いです。


■ ダンスマガジン誌(月刊誌・㈱新書館発行)の愛読者のページに筆者が投稿し、今までに掲載された記事です。執筆=mieko
バレエを観る楽しみ1 2008.12〜2018.11
バレエを観る楽しみ2 2019.6〜2020.4

■ バレエと私 執筆=mieko
初めてのサイン会
バレエと私 いつも踊っていた・・・らしい
ニーナと握手! トッププリマの人柄に感動
カーテンコール レジェンドに乾杯!
『乾杯はワインで』〜出会い〜
輝く!ダンサー達。
憧れ 少女マンガ誌のグラビア写真
夢に向かって レッスンも自習
劇場の空気の潔さ 久しぶりのバレエ鑑賞
世界に羽ばたく 二山治雄さん(白鳥バレエ学園クリスマスミニ発表会)

Ballet videos

ビデオをご覧ください。

■ エスメラルダ Ballet La Esmeralda より エスメラルダのヴァリエーションのレッスン Sarah.T. 15 years old (2020.6)■

毎日、近くの公園で練習。早くトゥシューズを履いて踊りたい!


■ ドン・キホーテ(Donquijote)より ドルシネアのヴァリエーション Sarah.T. 14 years old (2019.5)■



■ ドン・キホーテ(Donquijote)より ドルシネアのヴァリエーション Sarah.T. 14 years old (2018.8)■



■ グラン・パ・クラシック(Grand pas Classique)より 女性ヴァリエーション Sarah.T. 14 years old ■



■ ラ・シルフィード(La Sylphde) エフィのソロ Sarah.T. 13 years old ■



■ パキータ(Paquita) ソリストのVa. Sarah.T. 12 years old ■



バレエの歴史はイタリア・ルネッサンスに始まり(レオナルド・ダビンチが舞台装置、衣装を担当したという記録があるそうです)、フランス、ロシアで発展し現代に至ってはヨーロッパを中心に世界に広がりました。

鍛えられた人間のからだの動きは音楽と結びつくことにより、音楽による時間的芸術世界から空間・時間を超越した異次元の世界へと聴衆を導きます。

バレエダンサーはどんなに才能があっても、並大抵の練習量では人を感動させることはできません。技術もさることながら踊ることにより、からだが音楽を奏でているかのように聴衆を錯覚させなくてはならないのです。

バレエは踊り手がどんなに良くても、人材と財力が揃わないと成り立たない芸術です。バレエ教師、建築(コンサートホール)、美術(舞台装置、衣装、照明)、文学(台本)、音楽(作曲家、演奏家、指揮者)、芸術監督、振付家など・・・そして興行会社と、成熟した芸術と言われる所以です。


  • 前の画面


  • サブメニューホームのイメージ画像 Home