トピックスのロゴ画像

季節の話題 Topics on Nature


地附山

梅雨の中休み。湿気を含んだ山はキノコがたくさん。キノコの名前は調べてもよくわかりません。 2020.7.2

photo・ススケヤマドリタケ
 ススケヤマドリタケ。太くてりっぱ。香りが良くパスタに合うとか。とったのは写真だけ。
photo・チチタケ?
 チチタケ?
photo・ヒオウギアヤメ
 ハナビラタケ? いいにおい。
photo・チャナメツムタケ?
 チャナメツムタケ?
photo・小さなキノコが沢山
 エノキのような小さなキノコが沢山
photo・イチヤクソウ
 イチヤクソウ。賑やか!
photo・ジャノメチョウ
 ジャノメチョウ。沢山飛んでいました。


黒姫山・大ダルミ池

黒姫山の中腹に大ダルミ池(標高1600m位)という湿原があります。梅雨時の晴れの日。道幅の広い登山道を登って約2時間半。真っ白に輝く湿原が現れました。 2020.6.29

photo・大ダルミ池
 大ダルミ池。一面のワタスゲは圧巻。手前にはミズバショウの巨大な葉。
photo・ヒオウギアヤメ
 大ダルミ池の縁にはヒオウギアヤメも
photo・カンバの木々
 大ダルミ池の周囲は豊かな森。カンバの木々。
photo・鞄にヤマキマダラヒカゲ
 鞄にヤマキマダラヒカゲが。美味しいの?
photo・ギンリョウソウ
 立派なギンリョウソウ
photo・人面岩
 人面岩。あちこちに大きな岩が。
photo・ゴゼンタチバナ
 ゴゼンタチバナ
photo・マタタビの花
 マタタビの花。葉は半分白くなる。
photo・タニギキョウ
 タニギキョウ
photo・スジグロチョウ?
 スジグロチョウ?
photo・ヒョウモン?
 ウツボグサにヒョウモンチョウの仲間。
photo・エゾノヨツバムグラ
 エゾノヨツバムグラ
photo・ツルアジサイ
 巨大なツルアジサイ
photo・ツルアジサイ
 アザミに蝶。ヒョウモンチョウの仲間。
photo・ツクバネソウの群落
 ツクバネソウの群落
photo・オダマキ
 オダマキ
photo・白いオダマキ
 白いオダマキ
photo・マイズルソウ
 マイヅルソウ
photo・白い粘菌
 白い粘菌。このタイプ最近よく見かけます。

関係する記事はこちら



地附山

梅雨時の地附山。珍しく地面が湿っていた。 2020.6.27

photo・蝶・アカシジミ
 蝶・アカシジミ
photo・キノコ・ガンタケ
 キノコ・ガンタケ。チョコレートではありません。あちこちに。
photo・ウメガサソウ
 ウメガサソウ
photo・ノギラン
 ノギラン


大峰山・地附山

裏山・大峰山、地附山の白い花々。 2020.6.25

photo・イチヤクソウ
 イチヤクソウ
photo・ツルアリドウシ
 ツルアリドウシ。2つの花が1つの実になる!
photo・モウセンゴケの花
 モウセンゴケの花。真っ白な小さな花。
photo・オカトラノオ
 オカトラノオが咲き出しました。
photo・蝶・キチョウ
 蝶・キチョウ
photo・蝶・ウラキンシジミ
 蝶・ウラキンシジミ? 日差しを避けているのか葉の裏にとまる。


モウセンゴケの花・地附山

裏山・地附山山頂近くのモウセンゴケの花が咲き出しました。 2020.6.23

photo・モウセンゴケの花
 モウセンゴケの花
photo・モウセンゴケの花
 沢山咲くのはこれから?
photo・粘菌
 粘菌
photo・ヤマトキソウ
 ヤマトキソウ
photo・シモツケソウ
 シモツケソウ
photo・ホタルブクロ
 ホタルブクロ


初夏の戸隠高原

みどりが池から鏡池〜隋神門〜参道〜森林植物園〜みどりが池と散策をしてきました。大勢の人が訪れていてびっくり、お蕎麦やさんはどこも一杯。駐車場も県外Noで一杯。ちょっと心配。森林植物園の中の小さな池はオタマジャクシで一杯でした。 2020.6.21

ビデオ オタマジャクシが一杯 01:10

 VTR モリアオガエルの卵塊と生まれたばかりのオタマジャクシ(森林内の小さな池で)
photo・鏡池
 鏡池。撮影スポットで人が一杯!
photo・ヒメウラナミジャノメ
 ヒメウラナミジャノメ
photo・ヤマキマダラヒカゲ
 ヤマキマダラヒカゲ
photo・輝く玉は粘菌か動物の卵か?
 輝く玉・・粘菌? 動物の卵?
photo・カラマツソウ
 カラマツソウ
photo・ショウキラン
 ショウキラン
photo・サメビタキ
 サメビタキ
photo・輝く玉は粘菌か動物の卵か?
 奥社参道・隋神門 日本人だけで一杯
photo・サイハイラン
 サイハイラン
photo・ギョウジャニンニク
 ギョウジャニンニク
photo・タチアザミ
 タチアザミ
photo・ミヤマタムラソウ
 ミヤマタムラソウ

関係する記事はこちら



ウメガサソウ・地附山 Umegasasou

裏山で毎年今頃咲くウメガサソウ。今年もちゃんと咲いていました。 2020.6.16

photo・ウメガサソウ
 ウメガサソウ。背丈は10cmに満たない小さな花。多年草だそうです。
photo・ウメガサソウ
 ウメガサソウ
photo・ウメガサソウ
 ウメガサソウ
photo・ソヨゴ
 咲き始めたソヨゴの花。
photo・ウツボグサ
 ウツボグサ。猪に掘られ減ってしまいました。


志賀高原・焼額山 Mt. Yakebitai

志賀高原はどの季節訪れてもいいですね。その中にそびえる焼額山。登山口は我が家から1時間ちょっと。意外に近い。2000mを少し越える山ですが、頂上は広く稚児池と稚児池湿原があります。まだ日陰には少し残雪もありました。限られた季節なのか色々な花がいっぺんに咲いているという印象でした。 2020.6.15

photo・稚児池
 稚児池。手前の島にはワタスゲとヒメシャクナゲが咲く。
photo・ワタスゲ(稚児池湿原)
 ワタスゲ(稚児池湿原)
photo・ヒメシャクナゲ(稚児池湿原)
 ヒメシャクナゲ(稚児池湿原)
photo・ヒメシャクナゲとワタスゲ(稚児池湿原)
 ヒメシャクナゲとワタスゲの群落(稚児池湿原)
photo・コバイケイソウ(稚児池湿原)
 コバイケイソウ(稚児池湿原)
photo・ミズバショウ
 ミズバショウ(頂上直下)
photo・ムラサキヤシオ
 ムラサキヤシオ(山頂)
photo・アカモノ
 アカモノの蕾(山頂)
photo・コヨウラクツツジ
 コヨウラクツツジ(山頂)
photo・ミネカエデ
 ミネカエデ(山頂)
photo・シラタマノキの蕾?
 ツボスミレ(焼額山ゲレンデ)
photo・ミツバオウレン
 ミツバオウレン(焼額山ゲレンデ)
photo・ミツバオウレンの大群落
 ミツバオウレンの大群落(焼額山ゲレンデ)
photo・ツマトリソウの群落
 ツマトリソウの群落(登山道)
photo・ツマトリソウ
 ツマトリソウ(登山道)
photo・ゴゼンタチバナ
 ゴゼンタチバナ(登山道)
photo・イワナシ
 イワナシ(登山道)
photo・イワカガミ
 イワカガミ(登山道)
photo・ミヤマカタバミ
 ミヤマカタバミ(登山道)
photo・ツクバネソウ
 ツクバネソウ(登山道)
photo・マイズルソウ
 マイズルソウ(登山道)
photo・ゲレンデとシラカバの森
 ゲレンデからカンバの森。緑が美しい!
photo・志賀高原と山々
 志賀高原の山々。左奥は横手山。(登山道から)
photo・ヤマキマダラヒカゲ
 ヤマキマダラヒカゲ。蝶も多かった。

上の方では標高が高いせいか、しゃがんだり立ったりの花撮影がけっこう辛くなりました。年齢のせい?

関係する記事はこちら



戸隠高原 Togakusi Kogen

梅雨の時期の戸隠高原。雨に濡れた草木はみどり濃く、池(みどりが池)のカエル(モリアオガエルやシュレーゲルアオガエルか)と森の野鳥はにぎやかでした。訪れる人は少なく、花々は静かに咲いていました。 2020.6.12

photo・キンクロハジロ
 キンクロハジロ(みどりが池)
photo・サルメンエビネ
 サルメンエビネ
photo・エビネ
 エビネ
photo・クリンソウ
 クリンソウ
photo・ズダヤクシュ
 ズダヤクシュ。群落で咲いていました。
photo・ヤグルマソウの蕾か
 ヤグルマソウの蕾
photo・ハクサンタイゲキ
 ハクサンタイゲキ 学名 Euphorbia togakusensis
photo・ヤブデマリ
 ヤブデマリ
photo・オオバユキザサ
 オオバユキザサ
photo・シロバナノヘビイチゴ
 シロバナノヘビイチゴ
photo・スズラン
 スズラン
photo・タニギキョウ
 タニギキョウ
photo・水芭蕉の実
 水芭蕉の実。熊の大好物。
photo・サンカヨウの実
 サンカヨウの実。熟すと美しい青色に!
photo・べニバナイチヤクソウ
 べニバナイチヤクソウ
photo・天ざる蕎麦
 天ざる蕎麦。戸隠と言えばこれ。

下界はやんでいましたが高原はときおり雨。森の中は多少の雨なら下まで落ちて来ません。大きな熊出没注意の看板があちこちに立っていました。この辺は小川の流れがあるところにはだいたい大きな葉の水芭蕉が茂っています。ちょうど実をつけたところ。熊が大好物だそうです。食べに歩き回っているのかもしれません。熊鈴を着け大きな声を出しながら(耳が遠くなったから?)、そして濡れた道で滑らないよう慎重に歩きました。



初夏の花と実 Early summer flowers and fruits

今朝は梅雨前の良い天気に誘われ裏山(地附山)へ。春に花を咲かせて実をつけた木もあります。鳥の声、蝶や蜂も賑やかですがなかなか上手く撮れません。普段あまり注目されない地味な花たちも撮ってみました。 2020.6.10

photo・ネジキの花
 ネジキの花
photo・モミジイチゴ
 モミジイチゴ
photo・モミジイチゴ
 甘酸っぱい自然の味。姿はイクラの様?
photo・桜・ソメイヨシノの実
 桜・ソメイヨシノの実。サクランボ!
photo・クワの実
 クワの実。甘酸っぱい!
photo・カエデの実
 カエデの実。プロペラが付いています。
photo・ナツハゼの花
 ナツハゼの花。実になると食べられます。
photo・シロツメクサ
 シロツメクサ
photo・アカツメクサ
 アカツメクサ
photo・ネジキの花
 モウセンゴケ。蕾(中央)が伸びてきました。
photo・ハクサンタイゲキの花
 ハクサンタイゲキの花。実になりかけている?
photo・イヌツゲの花
 イヌツゲの花(雄花)
photo・ヤマツツジ
 ヤマツツジ。まだ蕾も多い。


Rose

爽やかな6月の休日。我が家の小さな庭のバラ、今盛りです。雨が久しく降っていません。水が大好きなバラには毎日水やりが欠かせません。 2020.6.7

photo・バラ・アズミノ
 アズミノ
photo・バラ・バレリーナ
 バレリーナ

裏山。休日なのでたくさんの人が登っていました。 2020.6.7

photo・ミヤマガマズミの実
 ミヤマガマズミの実(大峰山)
photo・キンモンガ?
 キンモンガでしょうか。(大峰山)
photo・オオヤマフスマ
 オオヤマフスマ。米粒大の小さな花。(大峰山)
photo・白い木の花・調査中
 マルバウツギ?(大峰山)
photo・モウセンゴケ
 モウセンゴケの蕾(地附山)
photo・モミジイチゴの実
 モミジイチゴの実(地附山)


鍋倉高原

5月22日に訪れた鍋倉高原へ再び。まだ雪渓の残る春の様相でした。 2020.6.5

photo・オオイワカガミ
 オオイワカガミ(白)
photo・茶屋池
 茶屋池
photo・タニウツギ
 タニウツギ
photo・黄色い木の花
 ホソエカエデ
photo・茶屋池
 ブナの木の間に茶屋池が見える
photo・谷にはまだ雪渓が
 谷にはまだ雪渓が残る。
photo・ブナの森
 ブナの森。神秘的!
photo・サンカヨウ
 サンカヨウ
photo・スミレ
 ツボスミレ
photo・色とりどりのコケ
 色とりどりのコケ
photo・ヒロハテンナンショウ
 ヒロハテンナンショウ
photo・ハコベ
 ウシハコベ
photo・モリアオガエル卵
 モリアオガエルの卵
photo・オオイワカガミ
 オオイワカガミ
photo・オオイワカガミ
 オオイワカガミのお花畑。

関係する記事はこちら



初夏の花と蝶と鳥 Early summer flowers, butterflies & birds

今日の長野市の気温・朝16℃、最高29℃。暑くなりました。裏山と庭で撮影しました。 2020.6.3

photo・ユキノシタ
 ユキノシタ(庭)
photo・大峰山
 フタリシズカ(大峰山)
photo・ネジキ
 ネジキ(大峰山)
photo・マムシグサ
 マムシグサ(大峰山)
photo・ウメガサソウ
 ウメガサソウの蕾(地附山)
photo・モンキチョウ
 モンキチョウ(大峰山)
photo・タニウツギ
 タニウツギ(地附山)
photo・ホオジロ
 ホオジロ(大峰山)


サブメニューのイメージ画像 これより以前の「季節の話題と庭の花から・トピックス Selected from past topics on nature」はこちら = Cabinet が開きます

前の画面


サブメニューホームのイメージ画像 ホームへ戻る