27 袴岳(はかまだけ) その2 1135m(新潟県、長野県)      2017年5月12日(水曜日)

地図・袴岳2


昨年初めて袴岳に登り、サンカヨウの花がほぼ終わりかけていたので、今度は花の季節に訪ねたいと思っていた。袴湿原に続く道の傍らには花の終わった大きな柔らかな葉が波のようにうねっていたので、さぞかし見応えがあるだろうと期待が膨らむ。


月曜から木曜までは何やかにやと予定が入るので、金曜に出かけようと決めていた。幸い天気もよく、夫が握った特大おにぎりを持ってぼちぼち出かけることにした。4月末に斑尾山の北側に行った時は残雪が多く、車道もまだ開いていないところがあったが、あれから2週間、さすがに雪も溶けているだろう。

写真・雪の壁
雪の壁

という見込みは甘かった。今年は本当に雪が多かったのだ。斑尾高原のホテル前を直進し、赤池を目指して進むが、道の脇に雪が残っているのが気になる。県道97号から赤池の駐車場に入るところの道は開かれているが、2メートルを超す雪の壁!

とは言っても、2週間前のようにどこもかしこも雪ではなく、池の周りは溶けて、フキノトウやツクシが一面に地面をカバーしている。なんだか嬉しくなって、「今日の夕食は蕗味噌とツクシの炒め物だね」などと冗談口をきく。


写真・登山道にフキノトウ
登山道にフキノトウ

山道に入ると、やはりフキノトウがあっちにもこっちにも。雪が溶けたところから緑に染まっていく様子がわかる。さすがに登り初めから山菜採りはせず、帰り道のお楽しみということにして先に進む。進むとすぐ山道が雪に埋もれている。雪の溶けたところからカタバミらしいきれいなピンクの花が咲き出している。葉はたたまれているが花は開いていて、まだあまり色彩のない森に彩りを添えている。ミヤマカタバミ(白い花)かと思ったけれど、ピンクがきれいだから、これは町に咲く紫カタバミなのだろうか。

写真・カタバミの仲間
カタバミの仲間

雪の上を歩いたり、所々出ている土の上を歩いたりして、昨年通った道を思い出しながら進む。この雪ではサンカヨウは咲いていないよねぇ〜と、気持ちは沈んでいるが、この目で見るまでは諦めないぞと、足は先へ進む。


写真・キクザキイチゲ
キクザキイチゲ

進むに連れて、雪解けの斜面にキクザキイチゲが真っ白い花を点々と咲かせているのが見えてくる。茶色っぽい葉の色は大地の色と解け合っていて、まるで白い大輪の花だけが置かれているようだ。少し青い色の花もあって、ようやく私たちの気分も高まって来た。

写真・イワナシ
イワナシ

袴池が近づくと土の壁にイワナシがたくさん咲いている。オオイワカガミが昨年はほとんど終わっていたけれど、今年はようやく蕾を持ち上げている。水の流れているところにはミズバショウ。

写真・ヤマエンゴサク
ヤマエンゴサク

池から袴湿原までの道沿いにサンカヨウの葉がそよいでいたのだけれど・・・何もない。ところどころ雪に隠れ、ようやく土が見えている。小さな、小さな青い宝石のようなエンゴサクが咲いている。今この時の花があると教えてくれているようだ。一筋の水の流れの脇にネコノメソウがあった。初めて見るベージュの玉のような花を乗せている。後で調べたけれど、ボタンネコノメソウではないだろうか。たった一カ所だけ、今咲いている花に会えるって、素敵なことだと思う。

写真・ボタンネコノメソウ
ボタンネコノメソウ


池に戻り、さて帰ろうか山道を登ろうかと話す。昨年サンカヨウが咲いていた沢筋もこれでは見込みがないけれど、「シラネアオイが咲くところを探したいんでしょ」と、夫。「ブナの森も見たいね」と私。


私たちは、雪の上を登り始めた。

檜の森を抜け、広葉樹の明るい稜線を行く。この辺りは新潟と長野の県境を行ったり来たりしているらしい。稜線の一カ所にまたまた私の好きな花を見つけた、カンアオイ。赤い筋の入った白い小さな花が地面に隠れるように咲いている。ミヤマアオイかな。

写真・ミヤマアオイ
ミヤマアオイ

カンアオイの属は分布域の広がりが極端に遅いのだそうだ。自分のいる場所で、その地域にあった進化をして来たために地域毎に少しずつ違うカンアオイとなっているという。私の生き方とは似ても似つかないと思われるその奥ゆかしさと、落ち葉の影に埋もれて冬に咲く潔さが好きだ。とは言うものの、それもまた私の勝手な思い込みなのかもしれない。

コブシやタムシバも青空に美しい。稜線は雪がなく、いままでの冬山から一気に春の山になった。スミレが何種類も咲いている。エンレイソウ、ナガハシスミレもある。葉が小さくて細いミチノクエンゴサクが群になっている。どれも皆花の色が淡く控え目で、ユキツバキの赤がそこだけ華やかだ。

写真・春の森
春の森

そして、鞍部を越えると再び雪が深くなって来た。ブナの新緑が空気を染めているようだ。なぜ、ブナの森は私の気持ちを揺るがすのだろう。新しい空気が体中を満たすように、呼吸が楽になる。私だけではない、夫もブナの森に入ると活き活きとする。なごりの雪の上には春を告げた木々の落とし物が古代文様のように散っている。細かい花のようなものが多いが、私には何の花か分からない。それでもいい、私たちは根開けを覗き込んだり、少し道に迷ったりしながら、残雪を登っていった。

写真・春の森2
春の森

山頂近くなるとカンバの大木が目立つようになる。昨年は頂上から妙高山がきれいに見えたが、今日は雲が出ていて、かろうじて山頂部分が見えている。二人だけの山頂だ。鳥の声の下、丸太のベンチに座り、おにぎりを食べる。昨年頭の上を飾っていたウワミズザクラも、まだようやく芽吹き始めたところだ。

年によってこんなにも違うのだということを知らされた。自然の営みを率直に感じとることは私にとって魅力的な大きな宿題になった。

写真・フキノトウを蕗味噌に
フキノトウを『蕗味噌』に


そうそう、あこがれのシラネアオイは6本数えることが出来た。まだまだ蕾も分からない小さな葉を開いていた。

帰り道でたくさん摘んだフキノトウとコゴミで、春の匂いに満ちた車内となったのは言うまでもない。



  • 前の画面


  • サブメニューのイメージ画像 Gallery3 山歩き・花の旅

  • サブメニューのイメージ画像 Gold-ArtBox Home