10 鍋倉山(長野県・新潟県)1289m
            2016年10月31日

地図・鍋倉山


長野県と新潟県の境に連なる関田山脈は、関東に住んでいる頃から遠くあこがれの地だった。ブナの奥深い森、いくつも散らばる池、湿原、豪雪のもたらす神秘な空間というイメージがあった。人里離れた、近寄りがたい、けれどどこかあこがれの空間。

けれど訪れてみれば、この山々は人々の暮らしと密接に結びついていた。比較的低い山の連なりだったからか、海との交流道として、じつは幾筋もの峠道がこの山々を越えていた。千メートルちょっとの峠を越せば、日本海が目の前に開ける。昔の里人たちが幾筋もの峠を越えて行ったことが容易にうなずける。

私たちが目指した関田峠もそのうちの一つ。今は便利な車で峠を目指す。飯山まで来た国道117号線を左に折れ、県道95号線を登る。中腹辺りは紅葉の盛りだ。だが、この夏から秋にかけて異常気象が続いたせいか、今年の紅葉はどこか重い。華やかに染まるよりも枯れることを急いでいるような色合いだ。

写真・ブナの実と落ち葉
ブナの実と落ち葉

それでも、山一面の紅葉はやはり美しい。田茂木池も過ぎて、眺望が開けた頃に神楽展望台に着く。緩く蛇行する千曲川に添うように開けた飯山の町が見おろせる。野沢温泉を抱くスカイラインが、緩やかな波のように続いている。

私たちが誰もいない山の懐でのんびりしていると、遠く下から汽笛の音が響いてきた。「やっぱり蒸気機関車だったね」。途中飯山線沿いの道をしばらく走って来たのだが、踏切毎に人が立ち、大きなカメラを三脚で固定している人が何人もいたので、今日は珍しい電車が走るのかねぇと話しながら来た。蒸気機関車が走るのかな・・・と言っていたのは夫。靄がかかった山の間を走り抜ける蒸気機関車はすてきだろうねと、私。子どもの頃は当たり前に走っていた蒸気機関車が、今ではほとんど見ることができない。

大きな汽笛を聞きながら進み、茶屋池を過ぎると関田峠に着く。ところが、峠にはマイクロバスが何台か停まり、沢山の人々が山ごしらえをしてがやがやしている。4、5台しか停められない駐車場はいっぱいだ。先に行けば、近くに停められる空間が見つけられるかも知れない。だめだったらUターンして茶屋池の駐車場に停めて歩こう、と言いながらゆっくり車を進めるが、車1台停めるスペースも、Uターンするスペースも見つからない。夫は「バックだ!」と、今来た道をどんどんバックで進んだ。

すると、峠の駐車場にいたバスが消えていて、私たちはゆっくり停めることができた。

写真・ブナ林の中の落ち葉が積もった道
落ち葉の道


ようやく足ごしらえをして山道に入る。緩やかに登って行く。足元には厚く落ち葉が積もっている。残念ながら、稜線近くの黄葉はほぼ店じまい。ブナの黄葉は明るい黄色で、日の光が射すと黄金色に輝く。まだほとんど人が行かなかった奥志賀のカヤノ平によく足を運び、ブナの森の変化を満喫したことを思い出す。

左に茶屋池への道を分ける辺りまではなだらかで、まっすぐ伸びたブナの白い木肌が空に向かっている。大地はブナの葉で覆われている。茶色に枯れているが、赤に近い。白い幹と赤い道、その対比がみごと。

写真・ブナの木を乗り越える
枝を乗り越える

さらに進むといかにも稜線という道になるが、この辺りからブナの受難の姿が明らかだ。根元から大地に添うように横に走っている。幾筋も幾筋も横に倒れながらそれでも空を目指すブナ。輪を作っている太い枝もある。豪雪は知っていたが、予想を超えるブナの姿にびっくりだ。稜線あたりは、日本海から吹き付ける風が強いのだろうか・・・と、目の前のブナの姿を見て初めて気づく。雪はもちろんだけど風がさらに大変なのだ。稜線の強風があたらない飯山方面の中腹には、数百年もの樹齢のブナの巨木がそびえているという。

写真・ブナの木をくぐる
枝をくぐる

私たちが峠を通り過ぎた時にいた小団体はとっくに先に行ったらしく、山道は静かだ。あまり高低差のない、歩きやすい道をのんびり進む。カンアオイの葉が道に添って沢山ある。落ち葉に埋もれているが、そっと根元を見ると、蕾を抱いている。白っぽい模様のある葉の群れと、濃い緑一色の葉の群れがあるが、同じ種類なのだろうか。蕾を見ても違いは分からない。

写真・2種類の葉のカンアオイ
2種類の葉のカンアオイ

さらに行くと道の両側につやつや光る丸い葉が続いている。オオイワカガミの葉だ。間から今年の花の穂が枯れて立っている。花の季節はみごとだっただろうと想像する。


写真・頚城平野と米山
日本海に続く頚城平野と米山(下)

しばらく歩くと、日本海側に視界が開ける。右の奥に米山が見える。海からすっくと立つ美しい山容だ。視界はいくらかもやっていて、日本海の水平線はぼんやりしている。頸城平野の広がりがそのまま空と溶けている。

私たちは長野と新潟の県境を歩いているのだ。そして、まず、黒倉山(1242m)のピークに立つ。黒倉山は三方が木に覆われているが、日本海側に視界が開けていて明るい。ここで水分をとり、鍋倉山へ向かう。

今日初めての急坂を下る。下りきれば、後は山頂への登りだけ。振り返ると遠くに白い山が見える。きれいな三角形は火打山、もう雪を被っている。雪の山は私たち技術のないものにとっては遠く手の届かない世界だが、眺めるだけでも幸せだ。

苔むした山頂までの道の脇に沢山の落ち葉に埋もれるように小さな湿原がある。曲がりくねったブナの木をくぐったり跨いだりして、山頂だ。

写真・山頂から千曲川を臨む
山頂からの千曲川

山頂は展望がない。少し南に歩くと一気に青い色が広がる。カーブして流れる千曲川の水面が光っている。周りには飯山の町が静かだ。山々に迫られているけれど、人々が守ってきた暮らしがあることを感じる。

日本のブナが役立たずの汚名を着せられてどんどん伐採されたとき、この鍋倉山辺りのブナは切られなかったそうだ。森と、山と生活をしてきた人たちにはブナのありがたさが分かっていたのだ。ブナの木1本で、1反の水田がまかなえるのだとか。最近はブナと言えば保水力という言葉が出てくるくらい当たり前になったが。

美しい森をこれからも大切にして行きたいねと話しながら来た道を戻った。

写真・笹寿司
笹寿司と野沢菜のおひたし


飯山の道の駅で遅い昼食に野沢菜蕎麦と、キノコ蕎麦を食べた。飯山名物の笹寿司が1包みだけ残っていたので夕食用に買ってきた。新鮮な野沢菜も。出かけたところでその土地のものをいただけると、幸せは増す気がする。



  • 前の画面


  • サブメニューのイメージ画像 Gallery3 山歩き・花の旅

  • サブメニューのイメージ画像 Gold-ArtBox Home